春の 七草がゆ      2005年 1月5日 放送分

皆さん、お正月いかがでしたか?そして食生活は?

私の場合、どうしても 親族の集まりや、友人との新年会などで 起きている ほとんどの時間、何か食べて

過ごしていたなあ・・・・という気がします。 だから身体が重たくって・・・・

さて、1月7日は、皆様ご存知の『七草がゆ』の日です。

新年の初めに一年の無病息災を願い、また新年を無事に迎えられた事への感謝を込めて頂く、素晴らしい

習慣です。

「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」と和歌にも登場する

『春の七草』 おかゆにして食べる習慣は、はるか昔、平安時代の初めに中国から伝わり江戸時代に一般に広まって現在に至ったのだそうです。

最近ではスーパーなどでもパックになって売られていますが なかなか普段は耳に馴染みのない名前ばかり・・・。と思いきや、実は「すずな」はカブのことだし、「すずしろ」というのは 大根の事なんですよね。

恥ずかしながら、今回勉強をして知りました。

実は、これら七草は、私が愛するハーブちゃん達なんですよ。

それぞれに、私たちの身体に 素晴らしい効果をもたらしてくれますので、ひとつひとつをご紹介しましょう。

せり

解熱効果があり胃や腸を整える作用があります。お正月で食べすぎの胃腸を元気にして

あげましょう。また高血圧や貧血、神経痛、痛風、リウマチなどに効果があるんですって。

なずな

(別名:ぺんぺんぐさ) 昔、よく野原などを散歩していたときに よく目にした ぺんぺんぐざ

これが食べられるとは・・・タンポポの葉っぱに似てギザキザした形。

殺菌作用があり、利尿効果にもすぐれています。また血行を良くし動脈硬化にも良いそう・・

ごぎょう

(別名:ははこぐさ・ほうこぐさ)咳を緩和し、痰をきる作用があるので、風邪気味や気管支炎などの人にはオススメ。 

はこべら

(別名:ひよこぐさ・にわとりぐさ・チックウィード)これは、今でも普通に道端に生えている草。

葉や茎には鎮痛作用があり、胃腸を整える性質を持つ。軟膏にすると湿疹などの皮膚炎にも効果がある。解毒作用があり中国では、熱病はヘビにかまれた時の解毒にも使うそう。

ほとけのざ
(別名:こおにたびらこ)胃腸を整え・解熱・解毒作用にも優れている。
すずな
(別名:かぶら) お馴染みのカブラちゃん。利尿効果があり便秘の時には お通じを良くしてくれます。精神面では気持ちを安定させる効果もあるそう!
すずしろ

(別名:だいこん)日頃から大変お世話になっているダイコンさん。胃腸を整え、食欲を増進させるパワーに優れた野菜。私は、食べすぎた時や、胃腸が弱っている時には、大根おろしにレモンを絞って少しだけ醤油をたらしたものを食べると、翌日すっきり元気になります。

咳止めの効果もあるのでハチミツレモンと和えて、お湯で割って飲むのがオススメ

アロマの精油の場合もそうですが、それぞれの効果をブレンドすることにより、相乗効果をうながし、より素晴らしい力を発揮します。まさに七草がゆは、ベストなおかゆですね。

ちあきのマイキッチンでは、美味しい七草がゆの作り方をご紹介しています。

ちょっとここでリラックスタイム トップページへ

Copyrights(c) HEARTFULL WEDDING All right reserved.く