今年の風邪は・・・   2005年 1月12日 放送分

昨年の暮れ辺りから 急に寒くなったからか マスクを付けている人を沢山 見かけます。

私も、ちょうどクリスマス前後、風邪ピークでして クリスマスには一歩も外に出られず、真っ赤な お鼻の 

トナカイさん状態で ティッシュBOX抱えて おうちに籠もってました・・・

今年の風邪は、まず 喉が痛くなって それから 鼻水、咳 そして くしゃみ・・・と続き 熱は、それほど高く

ならないみたいです。 でも、とっても ひつこく 長い人だと3週間以上も ぐじゅぐじゅしてるみたいですね。

さて、ひいてしまった風邪を治すには、よく寝ること!!これは、どんなお薬を飲むよりも 大切な治療法。

あとは、水分補給と、胃腸に負担にならないような食事を摂取することも大切ですね。 そして、当たり前の

事ですが、温かくしておくこと。  鼻水たらしながら、寒いお部屋で仕事してたら 治るものも なかなか

治りません。 身体を温めたら体内で暴れている病気の菌を汗にして体の外に出すことが必要です。

風邪ひきさんにも、アロマテラピーは大活躍しますよ!!

内のばい菌を外に出したい時は、足浴手浴がオススメです。 42〜43度くらいの少し熱めの お湯に精油を2,3滴垂らします。 発汗作用のあるジェニパーの精油がオススメです。 10分も浸けていると

じんわり汗が出てきますよ。 

どが痛くて、辛い時は 殺菌作用の大変 優れた ティートリー、ユーカリ、ラベンダーなどの精油が

おすすめ。

利用法は、マグカップなど大き目の器に、熱いお湯を注ぎ 先ほど紹介した精油を1〜2滴垂らすだけ。

精油が混じった湯気を口から吸い込むことで、のどの不快感を和らげてくれます。  これを蒸気吸入法

いいます。 でも、これは咳がひどい時には、余計に咳を誘発するので 避けて下さいね。

がひどい時は、メンソレータムの香りでおなじみのユーカリの精油が大活躍します。 マッサージ用の

植物オイル10ccに対して1滴の精油を加え、よく混ぜたものを、胸に優しくすりこみ オイルマッサージ 

します。 薬局でも、ゼリー状になったマッサージジェルがありますが 効果はあれと同じで、胸部の緊張した筋肉を和らげるとともに精油の効果が体内に浸透して、炎症を緩和させます。

がつまった時は、上記で紹介した 蒸気吸入法がオススメです。 とくにユーカリペパーミントの精油

を使って吸入をしばらく続けると 鼻が通ってきますよ!

それともう一つは、温湿布法。 温かいお湯の中に精油を1滴ほど垂らしてタオルを浸し、よく絞ったものを

後頭部や、首のうしろ、そして つまっている鼻の上などに乗せて暖めることにより ずいぶん症状が楽に

なりますよ。 オススメの精油は、ラベンダーです!

植物の力を借りて 風邪 早く治しましょうね。

ちょっとここでリラックスタイム トップページへ

Copyrights(c) HEARTFULL WEDDING All right reserved.く