ちょっとここでリラックスタイム トップページへ

 2004.7.14 〜ラジオ体操〜
もうすぐ、夏休みですね。お母さんにとっては大変な日々が始まるわけです。
夏休み・・・といえば、私が連想するのはラジオ体操。首から出席表をぶら下げて寝ぼけ眼でぞろぞろと子供たちが広場に集まって行く光景は、夏休みならではですね。
しかしラジオ体操ってあなどってはいけません!あれは、すごい体操です。
音楽が流れると大抵の人はまるで条件反射のように自然に身体が動き出しますよね。
たった5分程度ですが、頭の先から両手両足のつま先まで全身をフルに使った運動がバランスよく組み合わさっていて、あれほど理にかなった体操はないですよ。
真剣にきちんと全ての動きをやり遂げたあとはじわっと全身汗ばむはずですが、いかがですか?

よくダイエット体操などの本が売られていますが本と首っぴきなりながら格闘するよりも音楽に合わせて自然に身体を動かし、それを毎日続けるほうがずっと効果的ですよ。
ただ、ラジオ体操が良い!と言っても正しく体操を行わないと効果はありません。子供の頃に強制されて、だらだらと体操するのが身についてしまっていて正しく体操ができていないケースが結構多いんですよ。
私も、そうだったのですが一番最初の(歌う)あそこは深呼吸だと思っていたのですが
あれ、背伸びの運動で、しっかり背伸びをして背筋を十分伸ばして、この後、質の良い運動をするための
準備運動だったんですね。なるほど・・・と思いました。
次に手足の運動ですが心臓から一番遠い部分からほぐしてゆく。
その事によって全身の血行を促進しているのです。
ラジオ体操は13パターンの動きで構成されているのですが、肩こりや首筋の疲れを取る体操、呼吸機能を促進させる動き、消化器系の働きを促進させる動き、腰痛予防の体操。ウエストのシェイプアップやヒップアップにもつながる動きもちゃんとあるのです。ね〜!すごいでしょ。あなどれないんですよ。
質の良いラジオ体操をするポイントは、しっかり手足指先まで伸ばし、今、使っている筋肉を意識しながら動かす。そして、しっかり呼吸をする事。吸って吐いて、吸って吐いてをきちんと守れば最後の深呼吸には
ハァハァと息も弾み、汗ばんでいるはずですよ。
子供たちに混じって、毎朝さわやかにラジオ体操してみませんか?
Copyrights(c) HEARTFULL WEDDING All right reserved.