トップページへ
お問合せ
サイトマップ
プロフィール ブライダルのついて アナウンス業務について リラクゼーション クッキング Chiakis tea room 掲示板 リンク集

      ▲ 翌月分を見る      

                                           ▼  前月分を見る

 

2006.1.28 (土)

年始早々、父が心臓の発作で病院に担ぎ込まれ入院した。

心臓に “毛” が生えているのではないかと思うほど元気なオヤジなので 入院と聞きびっくりしてしまった。

父は、私が子供の頃は 仕事一筋の人間で家のことは全て母任せで、単身赴任などの時期もあったので

父との楽しい思い出・・・・というものは あまり浮かばない。 曲がったことをするとえらい剣幕で叱られたことなど、どちらかというと 父の恐い顔が浮かんでくる。 

それが、ご隠居さんになり 今では すっかり いいジージになってしまった。 

息子もジージが大好きで、ジージのいう事は、真面目に聞いている。 自分の子供の参観日なんて勿論の事

運動会だって来てくれたかどうだか定かではないけど、孫の参観日や、運動会には神戸から いそいそと

大阪まで電車やバスに乗り継いでやってきてくれる。 日曜の予定だった運動会が雨で平日に延期になった

事があった。その日に限って、私も夫も大きな仕事が入ってて 誰も応援に行けなかった時も、父だけが来てくれた。 しかも大きなお弁当を抱えて・・・・(平日だったんで 息子はお昼は給食でした) 

その父が入院と聞き、仕事を済ませて病院に飛んでいった。 食べ物を持っていっても 食べられなかったら

可哀想なので 手ぶらで行った。

ナースセンターに誰もいなくて、病室がわからず オロオロしていたら 廊下を歩いている人がいるので、ふと

見ると 「やっほー」 とパジャマ姿の父が手を振っているではないか!!

「え〜!!??なにやってんの? 病人なんでしょ? 歩き回ってもいいの??」 と私が聞くと 「お客様が

いらしたから お湯のみを借りに行ってたんだよ」 と、ひょーひょーとしている。 お客様?? と父に付いて

病室に行ったら、お客様とは、母に叔母に妹と身内ばっかり。まるで実家のリビングにいるのと同じ顔ぶれ。

看護婦の妹が、病状をわかりやすく説明してくれて、簡単な手術をすれば すぐに元気になれるとわかり、

ひとまず安心。 それまでの悲壮感から、急にホッとして お腹がすき 皆でお寿司を食べたり、お茶を飲んだり、えらく居心地の良い病室で すっかりくつろいでしまった。 不眠症気味で睡眠不足の私の方がよっぽど

顔色も悪く、今にも倒れそうな様子に、皆が父のことより私を心配してくれて 何だか妙だった。

妹と母が先に帰り、久しぶりに父と、仲良しの叔母と3人で話をした。

父が、私の将来の事や、息子の将来の事をとても気にかけてくれていて 改めて 親って有難い存在なんだ

なぁ・・・・と胸が熱くなった。 幾つになっても、親にとって子供は子供、そして子にとって、親は親なんですね。

親孝行できる時に、ちゃんとしとかなきゃな!!って思います。

父は、無事 手術も成功し 先日めでたく退院致しました。

頼むから、暫らくは お酒飲まないでね!!パパ!!

 

1.17 (火)

今日、生まれて初めて “献血” をしました。

これまでの人生、献血車の横を通り過ぎる度、何だか後ろめたい気持ちになっていたものの どうも勇気が

なくって未知の世界に足を踏み出せずにいたのですが 「本日は、1月17日。 阪神淡路大震災から丁度、

11年が経ちました。 あの日、沢山の血液が不足し輸血ができずに多くの生命が犠牲になりました。

あの日の教訓を忘れず、是非 みなさん 献血にご協力ください。」 という呼びかけに足を止め、その言葉に背中を押され献血車に向かいました。

初めての事で勝手がわからず、ドキドキしたのですが 親切な係りの方の言われるとおり 用紙に氏名、年齢など必要事項を記入して まずは血圧測定。 それをクリアしたら、次は血の濃度を測定する検査をします。

女性は生理などの影響で血液が薄くなったりと日によって血液の濃度が違い、この時点でOUTになるケースが多いそうですが、私は 「ばっちりですね!!元気いっぱいの血液です。困っている人の為に400ccあげて

下さいね」 と言われて、いよいよ本番。 車内に入り笑顔の優しい看護士さんに案内されて歯医者さんにある

リクライニングイスのようなものに横になり献血が始まります。 さすが看護士さん手馴れてて、恐怖の注射

はそれ程痛くありませんでした!!

「今日は、震災の日だから 献血される方、多いですか?」 と聞くと、「残念ながら、今日は朝10時から始まって1時現在 中村さんは16人目なんですよ。 私たちも今日は沢山の方が来てくれる!と期待してたんですけどね・・・・」とのこと。 確かに、私が献血車に来た時は、誰もいなかったっけ・・・・ と思っていたら、私の後にぞくぞく人がやってきて終わった時には、誰も座ってなかった受付待ちのパイプイスが満席になっていました。サラリーマン風の男性。 若い女性。 買い物帰りの主婦。 皆、どの人もすごく 『いい人』 に見えるから

不思議です。 いや、本当にいい人なんだと思う。 だって見ず知らずの人の為に、痛い思いして自分の血液を提供するんだもの・・・・ あ、私も入るのか・・・・ 自我自賛だな(*^。^*) 

だけどね、ここんところ 凹むことが多くて 眉間にシワ寄せて、暗い顔や恐い顔してる事とても多かったと思うんです。(仕事以外は!!) そんな状態の時は幸せなんて寄ってこないのよね!悪いことが続くのも自分で呼んでたのだと思います。 表情って その時の、その人自身なんですね。 献血に来ていた全ての人の表情は、皆さん とても優しそうでした。 だから私も、あの時は きっと優しい顔でいられたと思います。 

献血が済むと貧血を起こさない為に しばらく休憩するのですが、たまたま私の隣に座った同年代の女性と

少し話をしました。 彼女も、今日が献血初めてで これまで私と同じように勇気がなかったそうです。だけど

実際にやってみると何も恐い事も、難しい事もなく 簡単に人助けができるんだね・・・・という会話をしました。最後に お互いに笑顔で 「さようなら」 とあいさつをし別れたのですが その後、私のこころの中に、やさしい風が広がるのを感じました。

 

1.11 (水)

今年に入って、全然 Tea room 更新しておりませんで 失礼いたしました!!

夏休み同様、子供の長期休みに入ると どうもリズムが狂ってしまうのですね。 やっと昨日から3学期が

始まり、今日は給食も始まったので 久々に自分の時間を取り戻す事ができました(^_^)v

さて、今年もたくさんの方々から年賀状頂き ありがとうございました!!

「 『Happy Garden』 いつも拝見しています! 」とメッセージを添えて下さる方も 結構あって 「そうなんだ、

私が知らないところで色々な方たちに見て頂いているんだ〜!!」って すごく嬉しくなりました。

 Happy Garden のお客様は、シャイな方が多いのかBBS(掲示板)に書き込みして下さる方が少ないので

どうぞ、ご遠慮なさらず 今年は どんどん書き込みしてくださいね! BBSなら、簡単におしゃべりできますし

Tea room の感想だとか、日常生活の悩み事、また すっごく嬉しかった事とか、自慢したい事とか!!

匿名なら、何でもできちゃうでしょ!! 楽しみにお待ちしています (*^。^*)

さて、実は年始早々・・・・いや、昨年の暮れ辺りから 凹む事が続いています。

昨年の暮れに、このホームページでもイラストが登場していた水色の愛車、ママチャーリを壁に激突させ駄目にしてしまいました(T_T) ハンドル部分と車輪を繋ぐ骨組みがグニャっと曲がってしまい、自転車屋さんも

お手上げ状態。 私にとって自転車は、生活の必需品なので泣く泣く「サンダーバード3号」(と呼んでいた)

は、引き取ってもらい 新たに オフホワイトの新車を購入しました。 まだ名無しのゴンベイちゃんですが、

何か、良い名前ありませんか? 愛車の名前募集しま〜す!! BBSに是非、ご応募してください!!

採用させて頂いた方には、ちあき特製のアロマの練り香水をプレゼントすることにします!!

BBSには、お名前の下に、「メール」という欄があるのですが 愛車の名前を考えて下さる方は必ず、メールの部分にメールアドレスをご記入下さいね!!よろしくお願いします。

何だか、楽しみになってきたな〜

あ、そうそう 凹み話でしたね。 あとは、コンタクトレンズを紛失して、結局 左右両方とも新しいのを買う羽目

になったとか・・・・  いろいろですね。 ま、如何に 私がドンクサイか・・・!!という事をご披露している様な

もんなんですがね〜ハハハ

『笑う角には、福来る』 という事で今年も まだ始まったばかり!! 気分切り替えて笑顔一杯で過ごしたいと

思っています!! みなさま 本年も どうぞ よろしく!!

 

1.1 (日)

A HAPPY NEW YEAR !!

みなさま!!あけまして おめでとうございます!!

どんな お正月をお過ごしですか?

今年一年が、みなさまにとって、実り多き日々でありますように・・・・

本年も どうぞ よろしく お願い致します。

 

中村 ちあき

   ▲ 翌月分を見る 

                                                        ▼  前月分を見る

 
 
 
Copyrights(c) HEARTFULL WEDDING All right reserved.