トップページへ
お問合せ
サイトマップ
プロフィール ブライダルのついて アナウンス業務について リラクゼーション クッキング Chiakis tea room 掲示板 リンク集

  ▲ 翌月分を見る                                 

                                                    ▼  前月分を見る

2005.12.25 (日)

Merry Christmas !!

皆さんは どんなクリスマスをお過ごしですか?

イブは、私 仕事だったのですが 本日の午前中は 教会の礼拝に出席し イエスさまのご降誕を祝い 

感謝の祈りを捧げて来ようと思います。

さて 左の写真は、今年 唯一の我が家のクリスマスディスプレイ。

毎年 頑張ってデコレーションするんですが今年は、何だかバタバタしてしまい 体調を崩したり 気持ちが落ち着かず やる気になれず、結局 自分の仕事机の片隅に100円均一で買ってきたクリスタルのトゥリーに海外のお友達からプレゼントされた可愛いエンジェルちゃんと、手作りプレゼントのメモスタンドに「Merry Christmas ★」と書いたメモを挟んだだけの シンプルクリスマスです。

その友人の名前は、DAVIDと チェイミー。 実は まだ会った事も

ないのです。 たった1回だけ 電話で話をしただけ・・・・ しかも、

話をしたのはチェイミーだけで DAVIDとは 会話すらしていません。でも、すごーく、すごく 深い心の繋がりを持った大切な友人達です。

彼らとは、ある結婚式をきっかけに ご縁を持ちました。

そう、この「Happy Garden」の お客様が、新郎新婦でした。

新婦 あやちゃんは、大学時代 海外に留学し 様々な国の友人に出会い、様々な経験を重ね 現在は、

それらの経験を生かして 英仏の通訳をしている才女です。 彼女とは、実は1年半ほど前に、ご友人の結婚式の司会をした時のゲストという形で出会っていたのですが、今回、ご自分の結婚式に是非司会を!!との

ラブコールを頂き、大役をお受けしました。 そんな彼女から、ある手紙を渡されました。 それは、留学時代

の大切な友人たちからのお祝いメッセージで 彼らは司会者に代読をしてもらって欲しい。 アヤコは、当日

まで読んではいけない・・・・という事らしいのです。

私は、気安く 引き受けました。 そして 自宅で その手紙を下読みしました。 それは それは 長い長い

手紙でした。 感動で、涙が止め処なく流れました。 こんな すごい手紙を私が読んでもいいのだろうか・・・

とさえ思いました。

その手紙は、あやちゃんが大学時代 ボランティアとしてアフリカのザンビアという小さな国の貧困な村に

学校を作るという活動の通訳スタッフとして 参加した際に知り合った1人の青年からのメッセージでした。

彼の名前は “バー”  彼の村(部族)には 勿論 学校はなく、教育制度も全くない状態でした。 

彼は、たまたま彼女と作業がペアになったのを機に、いろいろな話をしたそうです。 そして、彼は勉強がしたい!!と訴えました。 彼女は、お金持ちではないので、あしながおじさんの様な事はできないけど、私のできる限りのお手伝いをする。と約束し、その後二人の間で文通が始まりました。 彼女は、彼からの質問に対し、英語、フランス語、日本語、の3ヶ国語に訳したものと、彼の国の言葉と英語で綴られたメッセージを必ず付けて返すという作業を続け、その数は実に300通を越していたそうです。 彼は、彼女のそんな支えの甲斐あって、それまで学校さえなかった彼の部族では 初めての国費留学生に選ばれ イギリスに留学し 様々な事を学び、現在では国の仕事に就き事務職、そして英語、フランス語の通訳もこなし、休みの日には村に帰り

教鞭をとっているのだそうです。

その時には、あやちゃんが送り続けてくれた手紙を教科書代わりに使用しているのだそうです。

村中の人々が、彼女が綴った手紙をもとに、学びを始めているのです。 

あやちゃんとバーは、彼が留学して以来、連絡を取り合っておらず お互いの連絡先すら知らなかったのですが、たまたま 彼が あやちゃんの友人であるDAVIDが働く場所に旅行に出かけ、ふらっと歩いていた時に、

偶然 DAVIDに出会って、あやちゃんの結婚を知ったそうです。 実はすごいのが DAVIDと バーは、あやちゃんを通じてお互いの事を聞かされていただけで、まだ会った事もなければお互いの顔もしらなかったのです!嘘みたいだけど本当の話!! それぞれお互いの特徴は知っていた・・・・というだけでフルネームすら

知らなかった・・・・というから凄すぎます!! まさにミラクルの世界!!

バーの手紙の結びには

「新郎さま、ご両家の皆さま、ご参列の皆さま、 AYAKOさんを通じて私が皆さまとご縁を持てた事が非常に

 嬉しいです。

 この式が行われている 今、日本時間の同時刻に私の村では、村人全員で、新郎、新婦のお祝いの儀式を

 行っています。 儀式は3日間行われ 天の神、大地の神、そして樹木の精霊に、お二人と、お二人を囲む

 全ての人々に この恵みが届くよう祈ります。 3日目の今日、この思いが 日本の皆さまの元まで届きます

 よう、心を込めて祈っています。

 皆さまが 末永く お幸せにすごされることを 村人一同 心より お祈り申し上げます。

 溢れるほどの 祝福の思いを込めて・・・・ 」   と綴られていました。

この お手紙 DAVIDの前置きも含め 全部で13分かかりました。 ^_^;  そりゃ〜 大変でした・・・・

何が大変って、泣かずに読むことですよ!!

手紙を渡された時には、バーが男性か女性かもわからなかったし、どういう状況で、バーと連絡が取れたのかもわからなかったし、あやちゃんには聞けないし・・・・で、DAVIDに直接 聞きたいと申し出ると、彼はシャイな

ので、今回の手紙作成に携わったチェイミーが電話をしてくれる事になり、ご縁を持った・・・・と言う訳です。

チェイミーは、あやちゃんのルームメイトだったそうで日本語もペラペラで、色々と彼女の話を聞き、今回の

奇跡の話や、彼女の学生時代の友人達がいかに彼女を愛していて、今回の結婚を喜んでいるか、友人達で

彼女の為にプロやアマチュアの音楽仲間が集まりCDを作って贈ってくれた事など なんと1時間近くも話て

しまいました。 この電話で不思議だったのが 話をしながら とても温かい空気に包まれている事を感じたと

いうこと・・・・ お互いが共感仕合い 人種を超えて 人と人の優しさや愛情、ま〜るい心を感じられたこと。

世界には、こんなに温かいま〜るい心が溢れているんだ!! 世界は広い。 色々な国があって色々な人が

いる。 色んな生活があって 優しい心がある。

ザンビアの小さな村の部族の人たちは、あった事もない私たちの為にも3日間も祈りの儀式を行ってくれる

んだ・・・・ なんて素晴らしいんだろう。

世界は広い。 小さな世界で、小さな事で、くよくよしてしまう事もいっぱいあるけど、 世界は広い。 

ま〜るい心が集まれば、戦争もなくなるだろうに・・・・ 人を思いやる心を持てば 平和が訪れるのに・・・・

そんな事を感じました。

結婚式は、海外の友人達からの素晴らしいBGMのプレゼントに乗せて進行し 心優しいゲストからの祝辞の

数々。 そして そこには集えなかった世界中の友人達からのプレゼントに囲まれ あの感動のメッセージを

トリに披露し 世界中と心を通わした 感動の3時間を過ごしました。 

それから半月後、私の手元に 上記写真の プレゼントが届いたのです。 二人が、頑張って わざわざ

アトリエに出向き 七宝焼きのメモスタンドを私の為に作ってくれたのです。 「みんなのAYAKOへの愛情が

詰まったメッセージを、ちゃんと形にして、伝えてくれて有難う!感謝しています。」という思いを込めて作って

くれたのです。 手作りには、その人からの愛が詰まっています。 私の為に そんな優しい思いを込めて

作ってくれたのだ・・・と思うだけで 涙がこみ上げてきました。

そして、今宵 クリスマス 世界の友達を思いながら 世界平和を 心から願います。

Merry Christmas !!

 

 

12.21 (水)

 

6年ぶりに バレエを習い始めました。 

フィットネスクラブに再入会した目的の一つは “バレエ” のエクササイズが あったから!!さて 嬉々として、レッスンスタジオに バレーシューズを握り締めて入ったものの 6年のブランクは とても

大きく 身体がカッチンコッチンに固くて 鏡に写る自分の姿のブザマな事・・・・気持ち的には、90度に上がっているはずの足は、45度で ぷるぷるしているし 後ろに足を振り上げたら、

今度は 背中のお肉が悲鳴をあげている!!

軽やかにポーズをとって優雅にレッスンを受ける姿を思い描いて 意気揚々 一番前のバーを 陣取ったのにカッコ悪いったら ありゃしない。 他の人は、お馴染みさんのようで おば様方も、皆さんお上手。

ヘタクソなりに、必死で頑張って1時間後は、身体中、汗でびっしょり!! ヘトヘトでした・・・・

くやしすぎるから 家に帰って 柔軟体操からやりなおし! ま〜、日頃から 柔軟はしてないと駄目ですね。お風呂上りに開脚しても、昔なら、180度開いた足が 今じゃ 付け根の部分が千切れそうに痛い!! 

なんでも、離れていると 全て 鈍ってしまうものですね。

これからは、お風呂上りの柔軟体操を日課にして、美しく舞えるように 頑張るぞ!!

 

12.19 (月)

大掃除を始めました。 と言っても、まずは 自分の仕事部屋から。

手の付けようがないほど、資料が散乱していて それを整理するだけの作業で今日一日が暮れてしまった・・・

こんな調子で年内に全て片付くのでしょうか・・・・  不安です。

毎年、この時期になると 『日頃から整理整頓して、必要なモノが パッと出てくるような部屋にしよう!!』 と

固く決意するものの、そんなのは束の間 すぐ ぐっちゃぐちゃ。 私の場合、1年のうち1ヶ月分の時間を、

モノを探すのに費やしているだろうな・・・って 反省です。

大掃除をすると、失くした色々なモノが、考えられないところから ひょこん ひょこん と出てくる!!

反対に 後生大事に、溜め続けても全然 無意味なものも、溢れるほど出てくる!!

これって、自分の人生とオーバーラップする部分が結構あります。

「あんたって、無駄の多い人生 生きてるよな!」って、同居人によく言われます。 

悔しいけど、かなり 当っているかも・・・ しあわせが近くにあったって わざわざ 遠回りするタイプかも・・・

お掃除しながら、本当にこれは自分にとって必要かどうか、見極める力が不足しているのかな? 後で使う

時がくるかもしれない・・・とかってウジウジ考えずに、明日っからは 潔く スパッ スパッ って身辺身軽に

しよ〜っと!! きっと気分も軽くなると信じて!!!

 

12.13 (火)

10月の中頃から首、背中、肩の痛みを感じていて 色々な整体や整骨院などで治療をし、昨日も行きつけの整骨院に行ったのに相変わらず背中と腕の痛みが治まらず 今日、渋々 整形外科病院に診察に行ってきました。 明らかに筋が張っていての痛みだし、整形外科に行くと必ずレントゲンを撮られるから これまで受診するのを渋っていたのですが・・・案の定、レントゲン室に案内されました。 内心、「どうせ骨には異常なんて

有り得ないのにな〜」 なんて思いながら何パターンかのレントゲンを撮り その後、待合室に。

暫らくすると別室に呼ばれ 先生は、神妙な顔。 “え? 何か 悪い結果?” と不安が過ぎりました。

何と、私の首の骨は これまでの負担がかかり過ぎて変形してしまい 老化現象が起きていたのです。 変形した首の骨が神経を圧迫し それが背中や腕を繋ぐ神経だった為、症状が出てきたのだそうです。

私の首は、60歳くらいの老化状態らしく どんどん悪化して最終的には手術して変形した骨を削らなければ

ならないとか・・・・・ かなりショックでした。

暫らくはリハビリで首の牽引を続ける事になるそうですが、素人判断で自分の身体をダマシダマシして酷使

すると 必ず限界が来るんですね。 今年を振り返って見ると いろいろなシーンで体調を崩してきました。 

ま〜 お見事な程、色々なところに症状が出てきました。  ・・・って感心してる場合かい!!

若さって、永遠に続くものと錯覚しがちですが 自分の中でのブレーキって必要なんですね。

今年は、思いっきり身体に出た1年でしたが30歳になったばかりの頃は、精神的に辛い時期が2〜3年続き

ました。 俗に言う 『厄年』 ですね。

厄年を、アナドルなかれ!! 昔から言われていることには ちゃんと深い意味があるのだと実感しました。

20代って若さだけで 世間から許されたり 可愛がられたりする年代で、30歳の壁を飛び越えた途端、

周りの目が 変わり 自分への対応がコロリと変わるターニングポイントなんですね。 本人は、昨日の続き

の今日を普通に生きているのに 周りは 色々なものを期待するようになるし、また若さという甘えが許されなくなる。 特に私が生きている業界は、年齢というものが とても大きくモノを言います。 初めは気持ちがついて

ゆけなくて 空回りの日々を過ごしました。 その頃に出産が重なったのも自分にとっては 20代と180度

違う時間の過ごし方、生き方を強いられる事になり 益々 落ち込むことが多かったのかな・・・・

だけど、30代を振り返ると 私は あの試練の時があったから 仕事も、自分の人生も、真剣に取り組み、

自分の生きるスタイルの地盤を作ることができたのではないかと思います。

20代の頃のまんま、ふわふわ生きていたら、本当に好きなこと、したい事、嬉しい事、素晴らしい事、正しい

事、いけない事、み〜んな気付かないで過ごしてしまったかもしれない。

痛みを経験するというのは、そこで学ぶ時期なんですよね。 この痛みが何なのか、どうすれば解決するのか

それを通過して 新たに見えてくることが沢山ある。

痛みは、心も身体も どちらにも言える事。 今回も、この痛みから 何かを学ぶべきなんでしょうね。

・・・・っていっても、 やっぱり 痛いもんは 痛い!! (>_<)

 

12.11 (日)

先月末から、フィットネスクラブ 「ティップネス」 に通い始めた。

以前、6年前にもここに通っていたんだけど、システムや中のサービスもグーンとレベルアップしてて、身体

のすべてを測定して 今後のカリキュラム方針なんかも打ち出す「Dr、フィットネストレーニングカルテ」

なるものを作成してくれた。  これが、すごすぎるの・・・・・

体重計みたいなのに乗っかってレバーを握っているだけで、体重、体脂肪は当然の事、メジャーで測っても

いないのに3サイズも出てくるし、身体の筋肉の付き方 水分量まで出てくる。 びっくりした。

ここのところ、左肩、左腕がずっと張っているような、つっているような、痛くて嫌な感じが続いていたので

カルテの筋肉バランスをチェックしてみると 痛い部分は 「筋肉レベル低い!」 とちゃんとデーターに表示

されていた。 おったまげた!!

月末には、セッセと通っていたのに 12月に入り 風邪をひいてしまったり仕事が続いて また筋肉が落ちて

弱っているみたい。 昨夜など痛くて眠れない程だった。

仕事柄、緊張から肩や背中に力が入って よけい血の循環が悪くなっているのかもしれない。

明日、久しぶりに あの手厳しい整骨院の院長先生のところに行ってみよう。 きっと また 「身体が悲鳴を

あげてますがな!!もっと自分の身体を労わってあげなはれ!」って お説教されるんんだろうな・・・・

10月、11月とイベントシーズンで 確かに身体を酷使してしまいました。 しばらく ゆっくりできるので、

フィットネスクラブに通って 健康作りに励も〜っと。

 

12.9 (金)

今週は、人権週間。 世界各国各地にて人権擁護を謳う集会や、イベントが行われています。

私も今日は、朝一番から 阪神尼崎駅前広場で街頭キャンペーンのオープニングセレモニーの一部分、

「一日人権擁護委員」を務める阪神タイガースの選手へのインタビューを務めてまいりました。

あ!お陰さまで、風邪の方は随分よくなりましたので、鼻ズルズルもなく いつもどおりの元気ボイスで、

トークしてまいりました。 やっぱり 気合ですね。 キアイ!!

さてさて 今日、インタビューしたのは、投手の桟原 将司(さじきはら まさし)選手 背番号40番。 

マウンドでは プロ野球の投手っていうと特別な世界の人!!って思うけど、スーツを着て立っていたら、

本当にふつーのお兄ちゃんなんですよね。

なんか、マイペースで ひょーひょーとしてて おもしろい青年でした。 本番前も、「ボクのセリフの部分、

台本を 読んでもいいですか?難しすぎて 覚えられません」って言うから 「そんな難しいこと言わなくても

いいの。桟原選手の言葉で言えばいいんだよ〜!!」って答えたら 余計 困ってた (^v^)

だけど、さすが プロ野球選手ですね。 本番になったら ちゃんと自分の言葉で返してくれたから全体的に

とても楽しい ナチュラルトーク インタビューになりました。(求められていたのは、楽しいトークだから合格

でしょ・・・)

さて、皆さんは この人権擁護委員って何だか ご存知ですか? 人を“差別”したり“いじめ”をするのは、

いけません!!って そういう行ないをする人に対して 止めたり注意したりする人の事。 

だけど、悲しいかな、この世の中、差別や いじめ というものは、どこにでも ゴロゴロころがっていて、

家庭の中でも 虐待 という形で存在する。 

ストレス社会が生み出したネガティブな人間の憎悪がどんどんエスカレートしていってる気がします。

駅前でティッシュ配ってる場合じゃないんじゃないの?って私は思う。

もっと具体的な、1件でもいいから 人からの暴力(言葉も)や いじめ で苦しんでいる人を救う方法はない

のかな・・・・

・・・・とか言いながら、私も 息子や夫に対して 大層ひどい暴言を吐いています。 イカン イカン (>_<)

まずは、自分自身のこころと向き合って自分の心理状況を把握するところから始めなければ。

結局は、人のこころ ひとつにかかっている問題なんですよね。 人権って。  本当に難しい・・・・・

実は、私 小学生の頃 いじめられっこ でした。

学校帰り、男の子たちにランドセルを蹴られながら 毎日 泣いて帰っていました。 お陰で私のランドセルは

ペッタンコで、他の子の半分くらいの薄さだった。

未だに、どうして私が いじめのターゲットになっていたのかわからない。 

転校生だったこと。 泣き虫だったこと。 すごくマイペースな女の子だったこと・・・・・ ?

誰かが、“いじめ” を始めると それは一種の遊びとして認識され 仲間が増え、彼らにとって “いじめ” 

はゲーム感覚の “遊び” になる。

いじめられた人の気持ちなんて 当然考えない。  だけど それは 大人の世界でもいえること。

リーダー格の人間が、それを始めたら下の人間は、それをしないことには、自分がその中で働けなくなる。

するとその環境は極悪なものに変わってゆく・・・・・

何が必要か・・・・。 桟原投手も言っていました。 勇気ですよ。 

正しいことを 正しいと言える、悪い事を 悪い と言える  勇気!!!

私は、いじめられても 「貴方たちがしている事は、間違っている!!」 と泣きながら戦った。

うわ〜 何十年も昔にタイムスリップした気分です。

のぞきたくなかった自分の過去。 辛かった小学校時代。 だけど 私は、あの時の自分を嫌いではない。

むしろ、今の私の原点だと思います。

ラッキーだったのは、家の都合で6年生の時に転校して、新しい学校に行くと 誰からも いじめられず、 

気が付けば、友達の輪の真ん中にいた・・・・・

環境の持つ力は大きいです。 それまで いじめられっこ だったのに 場所が変わると沢山の友達に

恵まれていたり・・・・

人権擁護委員なんて、誰でもなれるんです。 いえ、ならなきゃ駄目なんです。 

ひとり ひとりが勇気を持って 正しいことを、正しい、 悪い事を、悪いと言える 勇気を持って生きる。

それが大事だと思う。  難しいけどね・・・・

・・・・今日は、えらく ながい日記になってしまった ^_^;

 

12.7 (水)

風邪をひいてしまいました・・・・・

仕事柄、声が命なので、手洗い、うがいを欠かせたことがないのに 気合が足りなかったのでしょうか・・・・

息子が先週の木曜日辺りから1番バッター(?)で喉と鼻にきて、お次は夫が土曜日辺りからゲホゲホ。。。

私は、絶対に移らないぞ〜っ!!と、気合入れて頑張ったのですが 今日は両方の鼻が詰まってしまい,

苦しい・・・・  気合いにも限界があります。 負けました。

「鼻うがい」なるものを以前 購入しており 今日はセッセと使っているのですが、人の話ほど私には効果が

出ていないようです。 なんとか金曜のイベント司会までには治さなきゃ(>_<) 土日も大切な婚礼司会の

仕事が入っているし!! と 内心すごく焦っています。

私に病気をうつした夫と息子は、今ではピンピンして元気はつらつ。 人の苦しみも知らずに〜

ま、滅多に風邪をひかない私ですので、自分の身体を実験台にして、アロマの精油やハーブティーを色々

試して効果の程を研究しております。 転んでもタダでは起きません!! 

しかし、何よりも効き目が高いのは、よく食べて、よく寝ること!!ですね。 確かに睡眠不足気味でした。 

はい、早速 布団に直行しま〜す!!  みなさんも、お風邪 召しませんように!!

 

12.6 (火)

寒い〜(>_<) すっかり冬の気候になってしまいましたね。

街中に行くとクリスマスのディスプレイにクリスマスメロディ・・・・ 

昨日は、この冬 一番の寒波の中 ポートピアホテルに行ってきました。

日本女子サッカーリーグ “なでしこリーグ” の2部(L2)で 神戸の「INACレオネッサ」が優勝し、その

祝賀パーティの司会を務めて参りました。                   ↑クリックするとリンクします

今年、初めての2部昇格で、いきなりの優勝。 来年からは1部に昇格!とスピード出世のチームです。

一体、 どんな選手たちなんだろう・・・・と わくわくしながら会場に入りました。

すると、どどど・・・・っと20名ほどの黒系のスーツ姿の女性達がやって来た! 脅威の優勝を遂げた彼女達

は本当に小柄で華奢で、中にはセーラー服やブレザー姿の現役高校生もいて みんな、すっごく可愛い!!中には、3人で手をつないでスキップして会場に入ってくる選手もいて、思わず微笑んでしまいました。 

殆どの選手は化粧っ気もなくショートカットで少年のよう。 私は身長170cmあるのですが、私より大きい

選手は一人もいない! こんなに小さな身体で強靭なシュートを打ち込んだり 敵の選手とボールを取り

あったりしてるんだな・・・・なんて、かなり意外でした。

そして 嬉しい事に、選手の中には私の高校の後輩が数名いて 私が先輩だということを話したら、すっかり

身内の空気が生まれました。 そしてパーティーには、私の時代から サッカー部の顧問をされていた恩師

もお祝いに駆けつけられ 20数年ぶりの再会! 先生にすれば 司会者までが教え子にびっくりしておられ

ました。

来賓ごあいさつで印象的だったのは「今の時代 夢を持つということが少なくなった。 チームの選手や監督

そしてスタッフはもちろんの事、応援するサポーター達も一緒に夢を持ち、そこに感動が生まれる。

健康的で人間として なんて素晴らしい時間の過ごし方だろうと すっかり魅力にハマッテしまった・・・・」 と

大きな会社の理事長がおっしゃっていました。

“快楽” ではない “感動” というものが いかに素晴らしいものなのか それは、その感覚から離れて

いると忘れてしまうものかもしれませんね。その方は、これからは 夜の奇麗なお姉さんに会う時間を減らし 

真っ黒に日焼けした、天使たちの応援に、お日様が天に昇っている明るい時間に せっせと会いに行き、

また感動という素晴らしい体験をこれからもさせて頂きたいと お茶目な ごあいさつをなさいました。

爽やかな時間を過ごし、ホテルを後にした夜の9時。 シャトルバスから見た神戸の夜景はキラキラと輝き

その美しさに “感動” した 寒い寒い夜でした。 ふぇっくしょん (^_-)-                

 

12.1 (木)

いよいよ、今年も残すところ1ヶ月。 師走がやってきました。

年々、月日の経つスピードを早く感じています。

小学生の頃、感じていた1年の長さは、今の4倍くらいだったんじゃないかな・・・・

先日、京都 清水寺に行った時、境内の一角に「今年の漢字 一文字は何ですか?」というアンケートがあり

ました。 それは、世相に対してのイメージだったのですが、私 個人としては 今年は 「転」 

これまでの、自分の状態が転がり出したり、自分の考えが、変わったり・・・・・ 

私にとって転機となった一年だったと思います。

といっても、まだ 貴重な1ヶ月が残されているので、決定とは言えませんが、世の中 捨てたもんじゃないな

と思える出来事が多々あった年です。

笑えるところでは、4年ほど前に盗まれた自転車がボロボロになって お巡りさんに押されて帰ってきたり・・・

あれには、ホント 驚きました!! 護送でパトカーまで来ちゃって。 (>_<)

誤解を受けて、言い訳もできなかった出来事が、時間を経て わかってもらえたり。

黙っていても、間違っていなければ ちゃんとわかってもらえる日が来るんだと 人生に希望を持てた出来事でした。

理不尽な事が、罷り通る世の中で 正直者が馬鹿を見る・・・・人生ってなんだろう・・・・なんて思うことも多々

ありました。だけど 誠実に日々を重ねる事の大切さ。 誰の目もない時、悪い事をするのではなく善い事を

する大切さ。例えば 人が見ていないからって、ゴミを道端に捨てるのではなく 人が見ていなくても他人が

捨てたゴミを拾ってゴミ箱に捨てる・・・・ そんな単純な事から 人の心の持ち様は変わると思います。

世の中、善悪の判断が出来なくなってきている気がします。

悪い事を続けると感覚がマヒしてしまいます。

セキュリティーも大切だけど、その前に、犯罪を犯す人の心をどうにかできないものかと思います。

年末だからでしょうか・・・・

世界平和を こころから 願います。

     ▲ 翌月分を見る 

                                                       ▼  前月分を見る

 
 
 
Copyrights(c) HEARTFULL WEDDING All right reserved.