★ マイキッチンメニューの一覧に戻る ★

シーザーさんのホットサラダ  ■ 2004.10.20

食欲の秋!何を食べても美味しいですね。
先日スーパーの特価コーナーで色々な種類のドレッシングが あり、品定めした結果

これまで一度も買ったことのなかった「シーザーサラダ用ドレッシング」を購入しました。
このサラダ、そもそも今から80年ほど昔、メキシコに住むイタリア人のコックさん

“シーザー・カルディーニ”という人が最初に作ったから、そのまんま名前をとって

「シーザーサラダ」と名付けられたそうです。
さすが、イタリア人のお料理だけあってチーズと卵が主役のこってりサラダです。
今回は、お手軽に市販のドレッシングを利用してボリュームのあるホットサラダを作ってみます!

               【 材 料 】 【 調味料 】
                   ブロッコリー  1株
                   カリフラワー  1株
                   トマト(サイコロ状にカット)1個
                   アボガド(  同上   )1/2個
                   ベーコンスライス 3枚
                   卵         1個
シーザーサラダ用ドレッシング(市販のもの)
パルメザンチーズ(粉チーズ)
お酢  大さじ

{クルトン材料}
バケット、オリーブオイル、にんにく
【 作り方 】
1.
ブロッコリーとカリフラワーは適当なサイズに切ってボイルする。
茹で上がったら皿に盛り、その上にサイコロ状に切っておいたトマトとアボガドを色取り良く散らす。
(茹で汁は跡で使うので捨てない事!)
2.
ベーコンは5mm幅にスライスし、熱したフライパンにオリーブオイルを大さじ2、入れた中でカリカリに
炒め皿に上げておく。
残った油に、にんにく1かけを入れ弱火で火を通し香りを出す。
その中に小さく切っておいたバケットを加え弱火でじっくりトーストし、カリカリに焼き上げる。
3.
盛り付けておいた野菜の上にカリカリベーコンとクルトンを散らし、その上にドレッシングを豪快にかける
 
4. 残しておいた野菜の茹で汁を沸騰させ、そこにお酢(大さじ1)を加えた後、弱火にしてその中にたまごを 静かに割りいれポーチドエッグをつくる。
全くさわらず表面が白く固まってきたらお玉で静かにすくい、湯をしっかり切って、盛り付けの一番頂上に乗せ、少し切れ目をいれて黄身がトロリと見せる。
 
5. 最後にパルメザンチーズを全体にかけたら 出来上がり!!
 

こってりとしたサラダは、これだけでもメインのおかずになるくらいのボリューム。
ポーチドエッグの黄身のトローリ感がたまりませ〜ん!残ったゆで汁は、コンソメスープの素と

塩コショウで味を調え溶き卵1個を加えたらリッパなスープに大変身!

お料理2品完成は、うれしいですよね。

             
Copyrights(c) HEARTFULL WEDDING All right reserved.